ジルコニア(Cercon)

ジルコニアで製作されるオールセラミックの歯(Cercon)

Cercon Smart Ceramics (english)

 

 

 

 

Cerconのジルコニアの製造過程が見えますので、これでセルコンの概要を確認して下さい。

 

これがジルコニアの世界トップシェアのシステムです。これ以外のジルコニアはジルコニアではないというくらいのもので、Cerconのジルコアは絶大に支持されています。

 

世界トップシェア、最高技術水準のCerconのジルコニアですが、最近では強度ジルコニアも各社が製品自体の強度を強めてよりフレームに適したジルコニア製品に励んでいます。その中で、台頭してきているのがLavaジルコニアです。

 

Lavaのジルコニアのオールセラミックの歯を扱っている歯科医院・審美歯科も高品質なものを出していると言っても良いと思います。

 

 

当サイト:セルコンジルコニアのオールセラミックの歯の内部構造の詳細→こちら

 

 

CERCON ZIRCONIO LABORATORIO

 

CerconのジルコニアはCAD/CAMのシステムで自動で歯の形を削りだします。他社のCAD/CAMの読取制度より優れているのでかなり満足がいく製作が出来るのがCerconのジルコニアのシステムの特徴です。

 

システムによって、凹凸などを読み取る精度が全く違うために、安いCAD/CAMのジルコニア製品はお話になりません。

 

精度、システム共に完成されており満足のいくものが出来るという事がCerconのジルコニアが世界で選ばれる理由なのです。

 

ちなみに歯科の製品は殆どがアメリカ、ヨーロッパ圏からの輸入によって成り立っています。ですから海外のものを使っているというのはごく当たり前の事ですから、海外のものが良くないという勘違いはこの機会にやめて下さいね。

 

 

セレックとセルコンジルコニアは異なる物です

「オールセラミックを院内で作れるセレックを入れているから、当院は安心です」という歯科には要注意です。セレックの色味など、それが気に入っている方は、そのセラミックの歯で良いのですが、セレックの治療を受ける際に最も自分自身も理解をしておかないといけない部分というのは、即日にオールセラミックの歯の治療を完了をするという事です。

 

早く歯の治療を完了をさせたいという気持ちはいたいほど分かります。しかし、歯科医院で即日で治療を行わない理由はしっかりとあるのです。

 

歯を削ってセレックの歯を被せるという工程になるのですが、歯を削って、オールセラミックの歯のセレックを被せるわけです。その際に歯を削ったりするので、実は歯茎などが炎症を起こしたりして、普段の歯茎の形状とは異なるという事があるのです。そのような事が完全に収まるまでに1週間程度の時間を空けて、歯の型取りをして正しい歯茎の形状できっちりと細かい個人にあったオールセラミックの歯の製作をするわけです。

 

セレックの即日というのは、その工程を省いて一日で行う事が出来るという事になっていますが、ご自身でその事も理解をして頂いてセレック治療にするのか、他の少し時間がかかる治療にするのかという事を決定をして頂きたいと思います。

 

セレックとセルコンは何が異なるの?

セレックとセルコンは似ていますが、全く別会社ですし、またオールセラミックの歯を作る制度も異なります。セレックは歯科医院内で歯科技工士ではない歯医者自身がその場で簡略にオールセラミックの歯を作れるようにしたものです。

 

※セレックを開発していた「シロナ社」は、セルコンシリーズを開発をしていたデンツプライ社に吸収され、現在デンツプライシロナ社となっています。ただ、セルコンシリーズとセレックシリーズは異なるものであるというのは変わりありません。

 

結局、歯科技工士の手が入らないオールセラミックの歯のセレックでは歯科技工士の手が最終的に入って細かい部分を修正するものと精度が異なりますから、セレックを用いた審美治療をしている歯科医院は安くなっている事が通常です。

 

しかしながら、セレックでオールセラミックとうたい歯1本の治療につき10万円以上請求しているような歯科は要注意です。

 

自費診療なので、どのような価格設定にしても問題はありませんが、ただCerconのジルコニアで施術を行っている歯科か、セレックで行っている歯科で比べた際に治療費が同等かセレックの方が高いようであればセレックを使用している歯科よりセルコンを選んだ方が良いかと思います。

Cerconのジルコニアのオールセラミックの歯のメリット

ダントツで精密なシステムがCerconのジルコニア

他社と比べて圧倒的なシステムの正確さがCerconのジルコニアの特徴です。他のメーカーでは到底追いつけないレベルの高さです。

 

日本国内の個人歯科技工所レベルでは、まずCerconのシステムを置く事は出来ないほどに高価です。

 

一部のある程度大きくなった歯科技工所などではCerconのジルコニアを導入しているところもあります。しかしながら個人の歯科技工所レベルではCerconのジルコニアのシステムの導入は難しいくらいに機材が高額です。

 

Cerconのシステムで作られたジルコニアのオールセラミックの歯は大変に制度が高く歯科業界的にも大きな信頼性を持っているシステムとなります。

 

前歯にも奥歯にも使える

ジルコニアという素材の最も注目すべき点は、人工ダイヤモンドというその素材の強度です。噛み締める奥歯の衝撃にも耐え抜き、また大きなブリッジにも耐える耐久力は人工ダイヤモンドならではの強さです。前歯にも奥歯にも使えるオールラウンダーです。

 

もちろんオールセラミックだから金属アレルギーの心配もなし

ジルコニアも、勿論オールセラミックの一員ですから金属アレルギーの心配もなく体に優しい歯科素材です。歯茎の黒ずみなど、そのような現象が起こりませんので、いつまでもピンク色のキレイな歯茎のままでいられますから安心できます。それに、金属の溶け出しによる内臓などへの負担もありませんから、身体に優しい歯科素材だと言えるのです。

 

 

 

japan dental frontier,低価格審美歯科サービス

【 低価格審美歯科サービス | 憧れのオールセラミックの歯を低価格で 】

東京・名古屋・大阪という都市部の歯科医院・審美歯科がマーケティング会社の集客力を背景にして宣伝広告費を抑えているために、他の審美歯科・歯科医院と比べて圧倒的に治療費を安くする事が出来るために、低価格でのオールセラミックの治療を実現しているのが、このサービスの魅力です。

 

ジルコニア(Cercon)

 

 

 

【当サイト関連記事】
ジルコニアセラミックとは
ジルコニア 安い 東京
前歯が欠けた、折れた | プラスチックの差歯のコンプレックス

 

 

 

 

【PR】セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxのオールセラミックの治療が格安で受けられる審美歯科サービスなら


  • SEOブログパーツ


ジルコニア(Cercon)関連ページ

IPS e.max (IPS エンプレス システム)
IPS e.maxは歯科では最も有名なメーカーのIvoclarが開発したオールセラミックのシステムです。
Lavaジルコニア
Lavaのジルコニアはフレームが強いという事で特に噛み込みが激しい人に対してはLava ( ラバ )のジルコニアが良いと言われています。ただ、相当に強い噛み込みでない限りはセルコンのジルコニアでも充分な場合も多いです。強度的な心配があると思う方はLavaジルコニアでを使ったオールセラミッククラウンのジルコニア治療を検討してみるのも良いでしょう。