オールセラミックの歯の治療期間

オールセラミックの歯の治療期間

オールセラミック歯 治療期間 ジルコニアセラミック

オールセラミックの歯でキレイに治療したいと思っても時間的に余裕がない方にとって最も気になるのが治療期間ですよね。

 

オールセラミックにするための治療期間といっても、各々によって状況が違いますから一概にとれくらいというのはなかなか難しいですが、標準的な期間で示すと、1〜3本の治療であれば1週間〜4週間の通院2回くらいが標準的です。

 

これは、最もスムーズに治療が進行してという事が前提です。

 

例えば神経の処置をしなくてはならない場合には、普通だったらすぐに引く腫れがひかなかったりする場合も考えられますし、治療をしていて気分が悪くなって治療を見合わせたりする場合もあったります。

 

そうすると必然的に治療期間が長くなってしまう事をご理解して頂けると思います。

 

6本であれば最低でも2ヶ月程度、12本となれば4ヶ月程度だと思って頂くと良いかと思います。

 

もっと早くできるような広告を使っている歯医者や審美歯科などがありますが、大抵カウンセリングに行くと、広告通りの期間で治療が完了する事はまずありません。

 

 

 

最短1日で治療完了のセレックを使った審美治療に注意

オールセラミック歯 治療期間 ジルコニアセラミック

セレックというオールセラミックの歯を製作する機械が入っている歯科医院では、その場で歯が作れるのでもう少し期間が短いところもあります。

 

しかしながらセレック自体は良いものであるという事は言い辛いので、セレックで治療をするのは、あまりおススメしないという事をここで言っておきますね。

 

セレックの欠点としては、そこそこ高額な治療費を支払っているのにも関わらず歯の色が殆どあわせられないという事が欠点となります。

 

特に治療する本数が少ない方は自分の歯とセレックの歯の色が合っていれば問題ありませんが、セレックで作るオールセラミックの歯の色にあっている天然歯をお持ちの方は殆どいません。

 

ですからセレックを前歯に使うという事は殆どありません。奥歯の治療に使う事はよくありますが前歯で1本だけをセレックで行うという事をするとかなりおかしな色調になりますからおススメは出来ません。

 

 

セレックの話から、オールセラミックの歯で治療するための治療期間の話に戻しますね。

 

 

 

オールセラミックを使用した歯の治療の手順と治療期間

オールセラミック歯 治療期間 

歯の治療は、削って、その上にセラミックの歯を被せるために、それ以前に神経などを処置する必要性が出てくる場合もあります。

 

もちろん、神経は出来るだけのこして治療をした方が良いのですが、場合によっては神経を残せないという場合もあります。

 

なので、神経の処置がある、処置をしなければならない場合、銀歯を外したら歯がボロボロになっていたという場合など、時間がかかるケースは様々な要因があります。

 

なので、歯の治療本数が多い方(6本以上)の場合には2ヶ月程度の期間はみた方が良いです。

 

 

秋から年末に年始に向けての審美治療

オールセラミック歯 治療期間 ジルコニアセラミック

秋からは何かと行事事のために審美歯科治療を受けたいというお客様が駆け込み状態で予約を入れる方が多いです。

 

人気審美歯科となれば予約もスムーズに取ることはなかなか難しいです。

 

人気の審美歯科などになればなるほどそのような傾向が強いです。

 

オールセラミックの歯でキレイにするための治療をスムーズに行いたいという方は、お盆を過ぎた当たりには初回のカウンセリング、治療説明などを医院で聞けるくらいに予約をとった方がスムーズに治療が出来ます。

 

9月からは、本当に皆さんが駆け込んできます。

 

人生で一回しかないような行事事がある方もたくさんいますし、運動会、学芸会、体育祭、文化祭、クリスマス、年末、年始など、そして、卒園式、卒業式、入社式などなど9月以降というのは、本当に次の年の準備期間で、新たに何かがはじまるとか、新しい場所で何かが始まるという人生の門出的な事も多いので、人気の審美歯科は9月〜翌年4月までは予約が埋まるという現象が毎年起こっているのです。

 

 

3月から5月に向けての審美歯科の治療

オールセラミック歯 治療期間 

そして3月からは、5月に向けての結婚式のための需要が増えます。新郎新婦、その親族の方。。。と人生の節目をキレイにして良いスタートを迎えたいというのは皆さんが同じなわけです。

 

なので、あなたもスムーズに心にゆとりを持って治療が受けられるように審美歯科に早くカウンセリングの予約や、相談などをしておきましょう。

 

良いオールセラミックの代名詞である、セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxを使用して治療をしてくれるのに低価格の審美歯科サービスも、あなたの審美歯科選びに加えてください。

 

セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxは当サイトで詳しく紹介していますので、そちらもご拝読頂くけると幸いでございます。

 

 

【当サイト、オールセラミックの記事】
↓↓↓

 

 

 

低価格で複数の提携歯科があるから、セカンドオピニオンの転院も楽々だから安心の審美歯科サービスは下記のバナーをクリックして詳細を確認して下さい。
↓↓↓

japan dental frontier,低価格審美歯科サービス

【 低価格審美歯科サービス | 憧れのオールセラミックの歯を低価格で 】

東京・名古屋・大阪という都市部の歯科医院・審美歯科がマーケティング会社の集客力を背景にして宣伝広告費を抑えているために、他の審美歯科・歯科医院と比べて圧倒的に治療費を安くする事が出来るために、低価格でのオールセラミックの治療を実現しているのが、このサービスの魅力です。

 

オールセラミックの歯の治療期間

 

 

 

【当サイト関連記事】
ジルコニアセラミッククラウン 審美治療 安い 東京
歯科治療 ジルコニア
ジルコニアセラミッククラウン 安い 東京
オールセラミックの歯の治療期間

 

 

 

 

【PR】セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxのオールセラミックの治療が格安で受けられる審美歯科サービスなら


  • SEOブログパーツ


オールセラミックの歯の治療期間関連ページ

セラミックの歯とは?
セラミックの歯は歯科の自費診療で保険が適用されない治療です。けれども芸能人のような白さにしたり、本物の歯と全く見分けがつかない治療をする事が出来るので、出来ればセラミックの歯にしたいところですが高額ですから、セラミックの歯の治療を受ける前にセラミックの歯の事をしっかりこのサイトで知っておいて下さいね。
メタルボンド
セラミックの歯とは通常はメタルボンドという金属を使用したセラミックの歯の事を言います。
オールセラミック 歯
オールセラミックの歯は金属を全く使用していないセラミックのみで製作された歯の事です。メタルボンドは金属アレルギー、歯茎の黒ずみが出る懸念があるのに対してオールセラミックは身体に優しい素材です。