セラミックの歯

セラミックの歯とは何?

審美歯科 セラミック歯

「セラミックの歯」とは歯科の自費診療の治療に使われる本物の歯と見分けがつかないほど精巧に作られた被物の歯の事を一般的に言います。

 

つまり銀歯の被せ物がセラミックで作られたと思って頂くとわかりやすいと思います。差し歯とも言われます。差し歯はクラウンとも言われます。差し歯がクラウンと言われる理由は「被物」だからです。

 

前後しますが、セラミックとは瀬戸物など焼き物に使われる素材です。それを歯に応用して本物の歯と寸分変わらないキレイな見た目の歯科治療を行うために改良されて歯を作る事に応用されるようになりました。それが、セラミックの歯と一般的に言われるものです。なので、普通の焼き物よりも強い焼き物で作られた本物に近い見た目の「人工の歯」がセラミックの歯という事です。

 

 

ただ、一口にセラミックの歯と言っても種類があります。大まかに分けて二つの種類があります。

 

@セラミックの歯(メタルボンド・メタルセラミック)
Aオールセラミックの歯

 

 

@セラミックの歯(メタルボンド)

@セラミックの歯(メタルセラミック・メタルボンド)
セラミックの歯は、金属の被物を土台に使用して金属の上にセラミックを貼り付けて作るものを「セラミックの歯」と言っています。

 

ですから本当は金属を使わない歯の治療がしたいと思っているのに「セラミックの歯の治療をしたいのですが」と歯医者で言ってしまうと、金属を使用したセラミックの歯で治療をされてしまいますから気をつけて下さい。

 

また、金属を使用したセラミックの歯を歯科の専門用語で「メタルボンド(メタルセラミック)」と言います。これをしっかり覚えていて下さい。

 

メタルボンドは今では既に時代遅れの治療方法だと言っても構わないくらいのものです。だからせっかく高額な自費診療を受けるのであればオールセラミックの治療にするべきでしょう。

 

金属を使用すると後々に歯茎の黒ずみなどが出てきます。それは、金属が溶け出すことによって歯茎を変色させてしまいますので、メタルボンドを使うべきではないと思います。歯医者に行くと、その説明もなくメタルボンドをすすめてくる歯医者もいます。そして、下に使う金属が何を使用するのかという説明をしない歯医者もいます。

 

大抵は金属の説明などしません。実はこの金属に何を使うのかという事はお客様であるあなたが選ぶ事が出来ます。一般的に何も言わなければ、ミロ、ニッケル、パラジウムと言われる金属が使われる事になりますが、このミロ、ニッケルを使うと金属アレルギーのリスクは高いと言われています。

 

 

 

オールセラミック少し見え難いかもしれませんが、これが金属を使用したメタルボンドというセラミックの歯です。金属が使われているのが分かりますよね?

 

 

 

金属が使われているメタルボンドの詳細な記事は→こちら

Aオールセラミックの歯(ジルコニア IPSe.max)

Aオールセラミックの歯
オールセラミックの歯は、その名の通り全てをセラミックだけで作った差し歯です。全てがセラミックなので歯茎が黒くなったり、金属アレルギーの心配がないので、現在ではこちらが主流だといっても過言ではありません。あと歯医者の説明や歯科助手、歯科衛生士はこのセラミックの歯などについては素人です。

 

なので、新しい素材の勉強もせずに「オールセラミックは割れやすいです」なんて事をいうレベルが低い歯科医院がありますから、そのような歯科医院は全く持って信用に値しませんから、二度と行かないようにしましょう。保険診療でも新しい素材などが出てきていますから、「オールセラミックは割れるからメタルボンドにしましょう」と平気で言うような歯医者では保険診療でさえも受けるべきではありませんので、かかりつけの歯科医院で自費診療の「セラミックの歯」の相談をした際にオールセラミックは割れるからメタルボンドの方が良いと言う歯医者には二度と行かないようにしてかかりつけ歯科医院も変えた方が良いでしょう。

 

 

下記がオールセラミックの歯です。全く金属が使用されていないことが良く分かると思います。
オールセラミック

 

 

インプラントについての余談
また、余談ですが、この連結してある歯をブリッジといいます。歯が抜けてしまった場合などに、このように連結をして無くなってしまった歯を補う治療が出来ます。最近では口やかましくインプラントが良いですなんて言っていますが、インプラントをその辺りにある街の歯医者などで受ける事はおススメしません。歯医者は医師ではないのに外科手術と全く変わりのないインプラントという治療をその辺の歯医者などにやらせるべきではありません。しっかりとした医師がいる医療法人で歯科の部門を持っているところでは、インプラントの外科的処置に歯医者は加わらないという事が一般的です。そもそも法律上でなぜ歯医者がインプラントという外科手術を出来るのかという事はかなり不可思議としか言いようがありませんから、インプラントを打ちたいと思うのであれば、大学病院を受診して、しっかりとした金属アレルギーの検査などを行って万全の状態で行って下さい。

 

 

 

【当サイト関連記事】
ジルコニアセラミッククラウン 審美治療 安い 東京
歯科治療 ジルコニア
ジルコニアセラミッククラウン 安い 東京
オールセラミックの歯の治療期間

 

 

 

 

【PR】セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxのオールセラミックの治療が格安で受けられる審美歯科サービスなら


  • SEOブログパーツ


セラミックの歯とは?関連ページ

メタルボンド
セラミックの歯とは通常はメタルボンドという金属を使用したセラミックの歯の事を言います。
オールセラミックの歯の治療期間
オールセラミックの歯の治療期間の説明。
オールセラミック 歯
オールセラミックの歯は金属を全く使用していないセラミックのみで製作された歯の事です。メタルボンドは金属アレルギー、歯茎の黒ずみが出る懸念があるのに対してオールセラミックは身体に優しい素材です。