セラミック 歯 値段

セラミックの歯の値段と種類!

セラミック 歯 値段 

 

セラミックの歯は歯科の自費診療の素材になりまうすが、なかなか分かりづらい部分があるかもしれません。

 

メリット・デメリットと言っても、それもなかなか分かりづらい部分があるのではないかと思います。

 

そのセラミックの歯の事について、分かり易く一覧で見られるようにまとめてみました。

 

このサイトではセラミックの歯の事をなるべく詳細に解説をしているつもりですが、一ページにまとめて掲載をした事はありませんでしたから、よりセラミックの歯の事について知って頂けるように、一覧にしてまとめてみましたので、歯科の自費診療を受けたいと思っている方にとって必見の内容となっています。

 

ぜひ、このセラミックの歯の解説をご参照をして頂きまして、あなたの歯科の自費診療の決定に役立てて頂ければと思います。

 

では、次項からセラミックの歯、オールセラミックの歯の解説をしていきますので、あなたの歯科の自費診療選びの参考にして下さい。

 

 

とにかく今すぐ早急に高品質なオールセラミックの歯、セラミックの歯の治療を安く受ける事が出来る審美歯科をお探しの方は下記の人気審美歯科サービスの公式サイトも確認をして下さい

japan dental frontier,低価格審美歯科サービス

【 低価格審美歯科サービス | 憧れのオールセラミックの歯を低価格で 】

東京・名古屋・大阪という都市部の歯科医院・審美歯科がマーケティング会社の集客力を背景にして宣伝広告費を抑えているために、他の審美歯科・歯科医院と比べて圧倒的に治療費を安くする事が出来るために、低価格でのオールセラミックの治療を実現しているのが、このサービスの魅力です。

 

セラミックの歯の値段と種類!

 

歯科の自費診療のセラミックの歯を知るための前提知識

本物の歯を見分けのつかない歯にする場合には歯科の保険診療の素材であるレジン(プラスチック)、または歯科金属では本物の歯と同様の質感のある歯の治療をする事は出来ません。

 

本物の歯と見分けのつかない質感を出す事が出来る素材が、セラミック(陶器材)となっています。この陶器材は歯科の保険治療の材料として法律は使用が認められていませんから、保険適用をする事は出来ません。もちろん、保険適用の法律によって認められていないという事ですから、歯科医療に使用をする事が認められていないという事ではありませんから混同をしないようにして下さい。

 

セラミックの歯は大きく分けて3種類が存在をしています

セラミックの歯と言った際には、大きく分けて三種類が存在をしています。

 

1:ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、プラスチックとセラミックの混合したセラミック素材を使用をしたものです。基本的には歯科金属を使用しています。ただ、歯科金属を使用をしていないタイプのハイブリッドセラミックもあり、これは歯科医院によって事なります。

 

現在、4番、5番は保険適用のCAD/CAM冠でハイブリッドセラミックが保険適用で治療を行う事が出来るようになりましたが、保険適用のハイブリッドセラミックというのは自費診療で使用をされていた、ハイブリッドセラミックの素材よりかなり劣るものであると言われていますし、実際にそうです。

 

なので、キレイさや、それが使用に耐えうる期間を勘案すると、保険適用のハイブリッドセラミックは、自費のハイブリッドセラミックが保険適用になったものであるという事を考えるのは間違いと言わざるえませんので、保険適用のハイブリッドセラミックと、自費診療のハイブリッドセラミックは全く別個の品質で自費診療のハイブリッドセラミックの方が格段に良いと思って頂いて間違いありません。

 

 

メリット

セラミックとプラスチックの混ざり物のセラミックの歯となっていますから、天然の歯に近い柔らかさで対面する歯を傷つけない程度の程よい硬さ

 

デメリット

所詮プラスチックであり保険適用のプラスチックの歯と同様に変色をします。また歯科金属を使用をしたハイブリッドセラミックの場合には歯科金属のパラジウム合金の弊害もあり、自費診療で5〜8万円という金額を出すほどの価値がないと言っても過言ではない代物

 

費用

保険適用:9000円/1本(3割負担)

 

保険適用外:3〜10万円/1本

 

 

 

2:セラミック(メタルボンド)

メタルボンドは昔からよく利用をされているセラミックの歯であり、金属の上にセラミックを焼き付けた状態の被せ物の事を指しています。

 

オールセラミックという歯科金属を使用をしないセラミックの歯が出てくる以前には、セラミックの歯と言えばメタルボンドしかありませんでしたから、現在でもセラミックの歯と単純に言った際にはメタルボンドを連想をする歯科従事者が多いです。

 

明確な基準はないのですが、多くの歯科従事者が、「セラミックの歯=メタルボンド」という認識を持っているという場合が多いです。しかしながら、この言葉の使い方は明確な基準があってこのような言い方をしているというわけではありませんので、説明をしている歯医者、歯科衛生士などによって指しているものが異なるでの注意が必要という事があります。

 

 

メリット

オールセラミックの歯よりも安価に設定されている歯科医院が多く、本物の歯を見分けのつかない治療を受ける事が出来ます。

 

また歯科金属を使用をして作成をされていますから、ロングスパンのブリッジでも強度を気にせず設計をする事が出来るという点もメリットと言われています

 

 

デメリット

歯科金属を使用をするために、歯茎の黒ずみなどを起こす場合があります。

 

また本当に安全な歯科金属でメタルボンドを作る場合には、最も良いと言われるオールセラミックの歯のジルコニアセラミッククラウンよりも原価が高くなるために、本当に安全なメタルボンドを作成をしてまで使用をする価値がない

 

当サイ トメタルボンドの弊害、金属アレルギーの詳細解説→こちら

 

 

費用

5〜15万円/1本

 

 

3:オールセラミック

オールセラミックの歯は、従来型のセラミックの歯である歯科金属を使用をしたセラミックの歯であるメタルボンドではないセラミックの歯の事を言います。

 

また、オールセラミックの歯に素材メーカー、製作システム提供メーカーに種類と優劣があります。

 

当サイト オールセラミックの歯の種類の解説→こちら

 

歯科金属を使用をせずにセラミック素材のみで歯の被せ物を作るという事でオールセラミックの歯と呼ばれています。現在的には単純にセラミックの歯と言った場合に、オールセラミックの歯を差す事もありますし、話者によっては「セラミックの歯=メタルボンド」であり、「オールセラミック=歯科金属を使用していないもの」というように分けてしゃべっていることもあり、説明をする人によって、この基準が異なりますから、この点は注意が必要です。

 

相手も自分も混同をしないために、自分自身で気をつける事が出来るのが、「金属を使用をしないセラミックの歯について知りたい」と、特に金属を使用をするか、使用をしないかという事を明確に伝える事によって、曖昧さがなくなりますから、的確に何の相談をしているのかという事が、歯科従事者、歯医者、歯科衛生士に伝えられるので間違いが起こりづらいです。

 

 

メリット

オールセラミックは歯科金属のアレルギーの心配もなく、本物の歯を見分けのつかない繊細な質感を保持をしてます。

 

またハイブリッドセラミックのように変色をする事もありませんから、長く使用をしていても自然な天然歯と同様の質感を維持し続けます。

 

 

デメリット

強いていうデメリットは、割れる可能性があるという事です。しかしながら、これまでの保険適用素材、またメタルボンドのデメリットを全て改善をして、登場をしているわけですから、特段のデメリットは現在的にはほぼありません。

 

 

費用

5〜25万円/1本

 

 

さらに、オールセラミックの歯の中に種類がありますので、続けてオールセラミックの歯に分類されるオールセラミック製の歯の種類について解説をしていきます。

 

オールセラミックの歯の種類

フルジルコニアセラミック

フルジルコニアセラミックは、人工ダイヤモンドのブロックを削り出して歯の被せ物を作るものです。人工ダイヤモンドのブロックをそのままCAD/CAMという3Dスキャナーで削りだすような製作方法と取ります。

 

メリット

金属アレルギーも勿論ありませんし、オールセラミックの歯の中でも値段設定としては安価に設定をされている事が多いので、奥歯の銀歯をなるべく安く金属アレルギーのない素材にした場合に使用をする方がいらっしゃいます。

 

デメリット

値段は安いが、色づけも殆ど行う事が出来ず、保険のプラスチックの歯以上の不自然さがあり、殆ど使う価値のない素材です。また、硬すぎるという事もあって、対面する歯を傷つけてしまうことに加えて、再治療で外す際にも一苦労で現在的に、あまりのメリットのなさにラインナップとしてそもそも用意をしていない歯科医院も多い代物です。

 

費用

3〜8万円/1本

 

主な対応素材・システム提供メーカー
  • デンツプライシロナ社:セルコン
  • イボクラール社:IPSシリーズ
  • ノリタケポーセレン:カタナ
  • 3M社:Lava
  • ノーベルバイオケア社:プロセラ

 

 

ジルコニアセラミック(ジルコニアボンド)

ジルコニアセラミックは、歯科金属を使用をしていないオールセラミックの歯の内側に強度を補強をするためにジルコニアを用いて補強をしてあるオールセラミックの歯になっています。

 

見た目はかなり本物の歯に近く自然であり、変色もしないですし、人工ダイヤモンドの素材の強さも持っていますからロングスパンのブリッジにも対応を出来ますし、噛み締めの強い奥歯にも使用をする事が出来ます。

 

 

メリット

金属アレルギーは勿論ありませんし、高い審美性がありキレイで自然な歯を作りあげることが出来ます。そして長持ちをする素材ですから、長期の使用でも安定をして機能を発揮します。

 

デメリット

お値段が非常に高額になるという事が多く、一般的に言えばなかなか手が出ないものです。

 

 

費用

10〜25万円/1本

 

対応素材・システム提供メーカー
  • デンツプライシロナ社:セルコン
  • イボクラール社:IPSシリーズ
  • ノリタケポーセレン:カタナ
  • 3M社:Lava
  • ノーベルバイオケア社:プロセラ

 

 

IPS e.max (ガラスセラミック)

IPS e.maxというのはイボクラール社の登録商標の製品ですが、既に多くに利用をされている素材です。

 

耐久性の高いガラスセラミック素材を使用をしていますが、ジルコニアよりも強度を劣るので奥歯の被せ物で多少心配があるといわれる事があるのですが、余程のスポーツ選手でない限りは割れることはありません。

 

特にIPS e.maxは前歯の治療によく利用をされ、ラミネートベニアのチップ製作、前歯のセラミック矯正のクラウン製作の殆どをこのオールセラミック素材でカバーをする事が出来ます。

 

メリット

審美性が高く、金属アレルギーの心配もないオールセラミックですがジルコニアセラミックよりも安く製作をする事が出来ます。また対面する歯を痛める心配も少なく非常に優れた性能を持った素材です。

 

ラミネートベニア、インレー、クラウンと全ての症例に対応をする事が出来るというのもメリットです。

 

デメリット

奥歯にも使用をする事が出来るのですが、前述をした通り突発的な衝撃を受ける事で割れる可能性も否定は出来ませんから、奥歯に於いてはジルコニアに比べると耐久性に不安があると言われています。

 

 

費用
  • オールセラミッククラウン:8〜13万円/1本
  • ラミネートベニア:5〜10万円/1本
  • インレー(詰め物):3〜5万円/1本

 

 

大まかに分かり易く網羅的にセラミックの歯の事について解説をしました。

 

ほぼ高品質な治療を行っているという歯科医院・審美歯科では上記に記載をし説明をしてきた素材、また素材メーカーを使用をしたオールセラミックの歯で治療を提供しています。

 

このコンテンツをよく参照をして頂いて、あなたが通院をしたいと思っている歯科医院、審美歯科が本当に良い治療を行っているか?などの検討をする際の参考にして頂ければ幸いでございます。

 

 

セラミックの歯の治療をなるべく安く受ける事が出来て高品質なオールセラミックの歯を使用している審美歯科をお探しなら下記もチェック

セラミック 歯 安い 

 

セラミックの歯が安い審美歯科・歯科医院の情報を紹介をしていきます。

 

セラミックの歯が安く受ける事が出来る審美歯科、歯科医院として人気の審美歯科サービスがあります。それが株式会社Japan Dental Frontierがサービスの企画開発・運営管理をしている審美歯科サービスが「セミックの歯」の治療を安く受ける事が出来る審美歯科サービスとなっています。

 

セラミックの歯の簡単な説明

「セラミックの歯」とここでは表記をしていますが、実は「セラミックの歯」と言った場合には歯科業界的には、一昔前の歯科金属を使っている「セラミックの歯」であるメタルボンドの事です。

 

それに対して、歯科金属を使用しないより健康的で金属アレルギーの心配のないセラミックのみで作られた審美治療の歯の事を「オールセラミックの歯」と言います。

 

現在としては「オールセラミックの歯」が主流となっており、以前のメタルボンドで良く起こっていた問題である、歯科金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみなどの問題も解決をする事が出来るようになっており、メタルボンド、また保険のプラスチックの歯、銀歯などの歯科金属を使用をしたものから、オールセラミックの歯に取替えを行うという人も年々増加をしています。

 

 

【当サイト関連記事】
ジルコニアセラミックとは
セラミックの歯とは?
ジルコニア(Cercon)
出っ歯、すきっ歯での容姿のコンプレックスは恋愛にも影響します
メタルボンド
セラミックの歯の値段と種類!

 

 

※下記から便宜上セラミックの歯と書いているのですが、審美治療などの情報を探している方に情報をより届きやすい状態にするために、現在のところ、「オールセラミックの歯」と「セラミックの歯」とを使い分ける実益が殆どなくなってきましたので、オールセラミックの歯の事も含めてセラミックの歯と表現をしています事を予めご了承頂きますようお願い致します。

 

>セラミックの歯を安く受ける事が出来る審美歯科の詳細を確認する

 

 

japan dental frontier,低価格審美歯科サービス

【 低価格審美歯科サービス | 憧れのオールセラミックの歯を低価格で 】

東京・名古屋・大阪という都市部の歯科医院・審美歯科がマーケティング会社の集客力を背景にして宣伝広告費を抑えているために、他の審美歯科・歯科医院と比べて圧倒的に治療費を安くする事が出来るために、低価格でのオールセラミックの治療を実現しているのが、このサービスの魅力です。

 

セラミックの歯の値段と種類!

 

 

 

【PR】セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxのオールセラミックの治療が格安で受けられる審美歯科サービスなら


  • SEOブログパーツ


セラミックの歯の値段と種類!関連ページ

セラミック 歯 安い
セラミックの歯の治療が安い審美歯科の情報を記載をします。セラミックの歯の治療は高額になる事が通常ですが、既に中には従来の審美歯科・歯科医院が1本15万円、20万円という治療費を設置をしていたオールセラミックの歯が安いところもあるのです。