セラミックの歯・オールセラミックの歯

セラミックの歯(メタルボンド)の注意点をまとめます

最も最初に気おつけて頂きたいのは、「セラミックの歯」と歯医者などで相談したときには、大抵の歯医者はメタルボンドの事だと思い込みます。ですから、「金属を使わないオールセラミックの治療を行いたい」という事をしっかりと伝えたほうが無難です。

 

このセラミックの歯の注意点を本項ではお伝えしていきたいと思います。

 

 

繰返しますが、セラミックの歯とは、金属を使ったセラミックの歯です。それに対して金属を全く使わないセラミックの歯の事を、オールセラミックと言って歯科では区別をしていますので、歯科医院でセラミックの歯と言うと歯医者が勘違いをして、金属を使用したセラミックの歯のメタルボンドであると思い込んで話をはじめる場合が多いので、金属を全く使わない治療をしたい場合には「オールセラミックで治療をしたい」と一言、付け添えた方が無難です。

セラミックの歯の注意点 〜 (メタルボンド)

セラミックの歯とは、金属の被せ物の上にセラミックをくっつけて本物の歯に見えるようにしたセラミックの歯です。

 

下記に詳しく書いてありますね。
↓↓↓
http://japan-dental-frontier.com/landing/metalbond.html

 

セラミックの歯の注意点としては、高額なセラミックな治療という事は間違いありませんが、金属を使用しますから金属の弊害を考慮しておく必要があります。

 

 

【金属を使用して歯の治療をする弊害】

金属が触れ合う部分の歯茎が黒くなる(メタルタトゥー)

金属アレルギーの発症の可能性

金属の溶け出しによる肝機能への悪影響

 

 

ここで感の良い方は疑問が思い浮かんできたはずです。保険の歯科治療で金属は銀歯で平気使用されているのに、そんなに悪影響がるの???と疑問に思うと思います。

【歯科の保険治療の金属の説明】

歯科の保険の金属が決して悪影響があるとまでは言いませんが、体質によっては悪影響があるというレベルです。ただ、決して無害ではないし、あくまでも健康を保つ、身体的な疾患を補う事と比較して、金属を使った弊害と、どちらが当人として利益があるかという事で比較されており、日常生活に悪影響が出るレベルではないであろうという事が言えるという事で、又、安価に治療が出来る素材として認められているのです。けれども、今日的には金属の弊害というものがクローズアップされており、保険治療で使っている歯科の金属があまり良い影響を与えないという事が専門家などからも問題点として提起されています。また、このページにも随分と詳しく歯科の保険適用の治療の弊害が書いてあるので参考になるのではないでしょうか。
↓↓↓
歯の治療で治る症状と体に悪い歯の治療

セラミックの歯(メタルボンド)の注意点2

金属を使用するセラミックの歯の治療のメタルボンドでは、保険治療が想定している疾患を治療するためのものではありませんから、金属の上にセラミックをくっつけて本物の歯のようにするという歯科製品を使った治療ですから健康保険の適用がなされません。

 

メタルボンド 【メタルボンドの金属の危険性】

メタルボンドの金属に何を使うのか?という事を説明してくれる歯医者はまだ良心的な歯医者であると言えるのが現状だと思います。大抵の歯医者はメタルボンドの金属を説明しません。メタルボンドの金属は特段指定しなければ下記の三つが主に使用される事になります。

 

@ミロ
Aニッケル
Bパラジウム

 

この上記の金属は保険でも使用される金属でもありますが、特段良いと言えるものではありません。これを自費診療のメタルボンドのセラミックの歯の治療に使っているという事を説明しない歯医者で受けるとするのなら、保険治療の金属の弊害を無くしたいと思っていた方にとっては目的を完遂する事は出来ませんので、メタルボンドは絶対に選ばないようにしないといけません。

 

しかも、本当に安全なメタルボンドにするために、金属を指定したとしたら、かなり高額な値段になります。指定する身体に安全な金属とするなら、ゴールドかチタンくらいです。でもこれを使うと、メタルボンドはかなり高額となりオールセラミックの歯を製作するよりも高額になります。

 

本当に安全なメタルボンドにするためには!?

大まかな金属の価格です。
セラミックの歯(メタルボンド)の注意点

 

 

ニッケルで製作されるメタルボンドの歯(セラミックの歯)は、歯医者が歯科技工士に依頼をして仕入れをすると、12800円程度で仕入れをしています。つまり、歯医者がお客様である方にメタルボンドをおススメして、ニッケルで仕入れる場合の原価が12800円程度という事です。

 

 

例えば、これを安心して使える金属のゴールにするとなると原価が跳ね上がります。1本のメタルボンドを作成する際に使用する金属の目安として約3g。最も多く使用する場合で7g程度です。例えば上記の表に記載してあるゴールドの価格でメタルボンドを3gを使用して作成した場合にいくらになるか歯医者の原価を見てみましょう。

 

 

メタルボンド仕入れ価格

 

   12800円+4200×3=25400円 

 

 

この25400円に歯医者の儲けなどを重ねるときに大抵は6〜10を掛けた数字が治療費となります。6倍の歯医者だとして25400×6=15万2400円。

 

 

つまり、あなたが安心して受けられるメタルボンドを歯医者に依頼した際に提示される治療費が

 

 

15万2400円

 

 

 

正直、メタルボンドでどうしても行わなければならないのであれば、このお値段を支払っても良いとは思いますが現在では特段メタルボンドが良いという事情はありませんし、金属を全く使わないオールセラミックの治療をした方が良いという状態が起こってくるわけです。

 

 

 

ですから、本当に特殊な事情がない限りはメタルボンド使う理由なんて現在はほぼ見当たらないし、選ぶメリットはなく、オールセラミックで治療をするという事を選ぶという方が殆どになってきている状態だと理解して頂いた方が良いですし、そのようになってきているのが現状です。

 

 

ただ、老齢の歯科医師ですと先進の事を勉強せず、昔の知識のまま行っているのでオールセラミックの知識がない事があります。けれどもお客様の前では自分の知っている古い知識でメタルボンドが最も良いセラミックの治療であると説明をするのが通常ですから、そのような歯医者や、オールセラミックの事を知らない歯医者でメタルボンドをすすめられている場合には、その歯医者は信用してはなりません。

 

 

 

総括するとオールセラミックの治療の説明をなしにメタルボンドをススメてくる歯医者、金属の説明をなしにメタルボンドをススメてくる歯医者は全く信用に値しない歯医者という事です。

 

 

 

japan dental frontier,低価格審美歯科サービス

【 低価格審美歯科サービス | 憧れのオールセラミックの歯を低価格で 】

東京・名古屋・大阪という都市部の歯科医院・審美歯科がマーケティング会社の集客力を背景にして宣伝広告費を抑えているために、他の審美歯科・歯科医院と比べて圧倒的に治療費を安くする事が出来るために、低価格でのオールセラミックの治療を実現しているのが、このサービスの魅力です。

 

セラミックの歯(メタルボンド)の注意点

 

 

【当サイト関連記事】
セラミックの歯とは?
IPS e.max (IPS エンプレス システム)
ジルコニア(Cercon)
神奈川 オールセラミック歯 安い
ジルコニアセラミッククラウン 審美治療 安い 東京
出っ歯、すきっ歯での容姿のコンプレックスは恋愛にも影響します
歯の悩み、歯のコンプレックスの原因

 

 

 

 

【PR】セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxのオールセラミックの治療が格安で受けられる審美歯科サービスなら


  • SEOブログパーツ